ブログ

閉校にあたりご挨拶

ルン・リンパケアアカデミー修了生並びに関係者の皆様に

今年は早目な台風が発生したり、またまた大阪地震が起きるなど、自然の脅威を改めて感じる年になりました。日本だけではなく、国際政治でも歴史的変遷があり、地球の平和と安寧を祈らずにはおられない年になりました。

さて、穏やかな風のように優しい氣流(ルン)が舞うように、肌に触れる癒しのリンパケアを長年推奨し、皆様に学んでいただきました、プライベートな小さなリンパケアスクール、「ルン・リンパケアアカデミー」は、平成30年6月をもって丸7年のスクールを閉じることにしました。

関係者の皆々様には大変お世話になり、また温かいご支援賜りましたこと、心から感謝しております。ありがとうございました。

今までに約70名の研修生(看護師、介護士、エステシャン、整体師、按摩鍼灸マッサージ師、看護助手、フットケアワーカ、主婦、大学教員、レストラン経営者、化粧品会社経営者など)が西川口に真摯に学びに来てくださいました。1年に10名のペースで70時間というゆっくりペースでしたが、皆様の勤務状況に合わせながら講義や実技をできる限り誠実にさせていただきました。

研修終了後には、サロン開業された方、看護、介護などの臨床で癒しのケアとして応用されtる方、家族へのケアに役立てる方などがおります。その中でも、長野県では、修了生の下平三恵氏により、ルン・リンパケアスクール長野校が新たに開講され、3月には1名のリンパケアリストがすでに誕生するなど活動されております。

当スクールでは、残念ながら途中で5名の方がそれぞれの事情で自主退校されましたが、そのことが閉校にあたり、一番、教える側の心残りと深い反省点となっております。(せっかくご入校頂いたのに、お役に立てずに申し訳なく思っておりますが、きっと無駄な時間ではなかったことと信じております。)

しかしながら、修了生の中から、優秀なインストラクターが数名誕生し、実技モデルを担当してくれたり、後輩の方に指導してくれたり、アカデミーにおける運営を助けてくださいました。大須賀範子さん、大島弥生子さん、大郷美紀さんはじめ、沢山のモデルを休みに夜勤明けに来てくださった皆様方には心から感謝しております。本当にありがとうございました。

また、外部講師の先生にも大変お世話になりました。リンパ浮腫ケアを専門に指導くださった理学療法士の川口洋子先生、アロマの講義をしてくださった松沼瑠美子先生、アンチエイジングの講師をしてくださったKO CLINIC 黄聖琥院長、姉妹校からはサロン運営について杉本千春先生、石井美枝先生、今や看取り士会でご活躍されている看護師の清水直美先生など、思い起こせばたくさんの専門家の先生方にもご教示賜りました。

癒しのケア研究会にも4回発表し、ゲストには山口創先生にも来ていただくなど、たくさんの学びを得られるよう、また個々の事情に沿うよう配慮しながらアカデミーとしては努力してきたつもりでございます。

5年間は西川口駅近のマンション3階で運営し、後2年間はスクールを自宅に移動しリフォームして使いましたが、皆様のご活躍を見て新たな入校生はお引き受けせずに、卒業された方々のさらなる質向のみお手伝いしたいと考える結果となりました。

新たに開発した着衣したままのリンパケアやゆらぎだけのルン・タッチなどは、フォローアップ研修時に別枠で教えることは今後も可能です。

これからは、引き続きフォローアップ講座もそうなのですが、ルン・リンアパケアサロンにも、遠慮なくお客様として来てくださることをお願いしたいです。山名が喜んでケアさせていただきます。

また、今年度末にはどなたかゲストをお呼びして、私の講演とリンパに関する講義をしながら、食事会をしたいと思っております。いずれお手紙にてお知らせいたします。なお、現在の癒しのリンパケア=ルン・リンパケアに関しては、秋には新たなDVDが完成予定です。

楽しみにしていてください。

皆々様のますますのご健康とご活躍を祈っております。

最後に、修了生の皆さへ倫理面のお願いです。

1、癒しのリンパケアやルン・タッチに関して講演を頼まれた場合は、本校で山名が作成した資料のをそのまま無断で使わずに許可を得てください。また、使用する場合は、山名の名前をPPの隅に小さく入れてくださいね。(癒しのリンパケアの本がすでに出ており、版権は出版会社にあります。著作権の問題なども生じる恐れがあります。)そのため、PPや資料は皆様のオリジナル性を期待しています。

2、新たなスクール運営に関しては、教育設備、参考書資料、教育への心得が未完成の場合は開講をお勧めできませんので、その点よろしくお願い致します。テキスト資料は、自分のオリジナルの資料を作成するようにお願いします。なるべく参考書の一つには、山名が書いた「癒しのリンパケア」をお使いくださると幸いです。スクール開講に関しては、山名は応援致しますが、あくまで各自の責任範疇となりますのでその点ご承知おきくださいませ。

3、実技に関しては、癒しのリンパケアの利点、対象者、禁忌事項などを再確認し、基礎医学の継続学習、リンパ浮腫のケア、エステや整体との違いや共通点をも再確認しながら、禁忌事項を厳守してケアしていきましょう。

4、癒しのリンパケアは、あくまでリラクセーションですから、治療と誤解させる内容の宣伝はしないことが重要です。安全、安楽、安心、安寧、安堵のケアを今後も提供していきましょう。

5、今まで一度の事故も苦情も頂かず過ごしてこれたことは、皆様にいかに喜ばれてきたケアであることには違いありません。しかし、その自信を持ちながらも、謙虚に謙遜を忘れずに、温かい思いやりが手から伝わる、さらなるリンパケアの質向上にも努めていかれることを皆様に期待いたします。。

皆様とはご縁繋がりで共にありますこと、どうぞ忘れないでたまには西川口に来てくださいね。

皆様のご多幸をお祈りしております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る