ブログ

素肌が綺麗になると人生が変わる、黄聖琥先生の著書を紹介します。

コスメコンジェルジュという資格をご存じですか?

私がリンパ領域で監修の一人に加わった日本化粧品検定2級、3級対策テキストに一番取りたい人気の美資格として紹介されています。

正しいコスメやスキンケアの知識を持つことの意義は、勘違いなスキンケアを防止すること、健康肌を守りさらに美しくなりたい人への必読本と推薦されています。

皮膚を知ること、スキンケアの正しい知識、その手入れ方法、化粧品の成分やメイクアップ法、メンタルヘルスケアやライフスタイルなど、大きな影響があります。

今回皆様にご紹介するのは、形成外科医師であり、横浜関内 KO CLINIC for Antiaging院長である黄聖琥先生の著書、「素肌が綺麗になると人生が変わるー何もつけない肌断食」です。この本の中で、まずは「今使っている基礎化粧品をつけるのをやめましょう」と書かれています。ちょっと衝撃的でしょう?

その理由は、乾燥肌やシミ、しわ、ニキビ、あらゆる肌の悩みを引き起こす大きな原因は、実は毎日つけ続けている基礎化粧品にあるとのことです。

いわゆる人の肌はもともと素晴らしい再生機能が備わっているので、化粧水や乳液、クリームなどを使うのをやめ、その人の肌が本来持っている力を正常に戻す目的があるのですが、初めて読まれる方には少し衝撃的に感じられるかもしれませんね。

さらに、できてしまったシミ、肝斑などの最新の治療法も書かれていますが、肌と気持ちは連動している、見た目と気持ちも連動していることも述べておられ、いかに正しいスキンケアの知識とその正しい手入れ方法が重要となるかを論じられています。

さて、さて、美肌の好循環をはぐくむには、スキンケアの基礎知識、手当方法を学ぶことも必要ですね。

実は私も頬にできた大きなシミに悩み、黄先生のクリニックに受診しました。今から3年前のことです。

先生や看護師さんのご指導のもと、シミの治療をしていただき、純正石鹸洗顔と極少量の白色ワセリンだけで現在も健康肌を保っております。

しかしながら、人前で話しをさせていく際や、日焼け止めには脱石油系シナリー製品を時に使わせていただいております。

私も何回か、あるエステサロンに美容の勉強のために通いました。もちろん肌に優しく触れていただくということは最高に気分がいいものです。

そこのお店のシステムとして、先に基礎化粧品を何点か数万円分購入することになります。もちろん、癒しのリンパケアとは違い、圧の強さや流す方向、リズムも違うことは承知で学ばせていただきました。

施術を受けながらいろいろと学び考えさせられました。そう、私も多角的にまだまだ学びの途中におりますが、やはり肌には、余分な成分はつけない、こすらない、洗いすぎないなんだなあ~と実感しました。

黄先生の本は三笠出版、王様文庫 590円で店頭に置いてあります。一読されることをお勧めいたします。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る